ニューキノロン系抗菌薬クラビット

cravit

クラビットの使用にあたっては、耐性菌の出現を防ぐため、治療最小限の投与日数にとどめる必要があります。

また、100mgを1日3回投与するよりも500mgを1日1回投与するほうが耐性菌出現リスクが低いというデータがあります。

クラビットは腎機能低下患者に対して用量の調節が必要になります。

浮腫みや血圧が高い、疲れやすいなどの症状を感じているひとは注意してください。

また、てんかんの既往歴がある人も注意が必要になります。

通販で購入できるクラビット(正規品・ジェネリック)の医薬品一覧

風邪時など、NSAIDSと呼ばれる抗炎症剤を一緒に処方される事が多いですが、併用することによりてんかん誘発リスクが上昇します。

てんかん既往だけでなく、痙攣発作歴がある場合も必ず申告するようにしてください。

クラビットはアルミニウムやマグネシウムとの併用も注意が必要です。

キレート形成により、本剤の吸収が阻害されます。これらは胃薬によく含まれている成分になりますので、胃腸が弱いからといって安易に胃薬を併用しないようにしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ