幅広い感染症に効果のある「レボフロックス(levoflox)」

レボフロックス

レボフロックス(levoflox)は、クラビットのジェネリック医薬品でシプラ社が製造しています。

有効成分はレボフロキサシンで、細菌のDNAの複製を妨げ菌の増殖を防ぎ、最終的に菌を死滅させる効果を持つといわれていて細菌やウイルスなどを原因とした、主に細菌による感染症に有効です。

効果

細菌

細菌の増殖を止めたり死滅させたりする効果があります。

さまざまな細菌感染症への効果が期待されているほか、広範囲に渡って抗菌効果があると考えられています。

特に効果があるのは、クラミジア感染症と淋菌感染症です。

グラム陽性菌や陰性菌への効果があります。

性別は関係なく、男性・女性どちらでも使用することが可能です。

使用方法・副作用

使用方法

1日1回、500mgを水またはぬるま湯で服用して下さい。

有効成分が250mgの場合、1日1回2錠を服用します。

副作用

胃痛・下痢・嘔吐・頭痛・めまいなどです。

正しく使用すれば基本的に副作用が起こることはありません。

用法容量を守り、正しく使いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ